地域と洋上風力発電

世界風車の日にちなんだ祭典~グローバルウインドデイ2024in能代の見どころ(2024年6月16日開催)

更新日:2024年6月10日

子どもたちが風車に描いた絵

子どもたちが風車に描いた絵
出典:グローバルウインドデイin能代

 

秋田県能代市で、毎年6月に開催されるグローバルウインドデイin能代。2024年度は616日に開催が決まりました。日本初の商用大型洋上風力発電所が立ち並ぶ能代市では、2014年からイベントを開催してきました。本記事では、グローバルウインドデイin能代2024の見どころを紹介していきます。

この記事の著者
エネルギーのまち能代 編集部
皆様は「洋上風力発電」をご存知でしょうか。秋田県能代(のしろ)市では、日本で初めての「大規模商業運転」が2022年から始まっています。
このサイトでは風力発電の話題はもちろん、再生可能エネルギーや環境問題についても幅広く解説しています!洋上風力発電で未来をひらく、能代の「いま」をご覧ください。

世界中で開催される風力エネルギーのお祭り「グローバルウインドデイ」

集合写真 出典:グローバルウィンドデイin能代

出典:グローバルウインドデイin能代

 

グローバルウンドデイの目的

グローバルウンドデイは、風力エネルギーの重要性を世界中の人々に伝えるため、2007年に世界風力エネルギー協会(GWEC)と欧州風力エネルギー協会(WindEUROPE)が主催して始まりました。

2007年当時、風力発電は世界中から注目をされ始めていましたが、その重要性はまだ十分に認識されていませんでした。そのため、風力エネルギーの認知度向上と普及促進を目的としたグローバルウンドデイが制定されました。

 


GWECがグローバルウンドデイで伝えたい風力エネルギーの重要性

  • ・風力エネルギーは、クリーンで再生可能かつ持続可能なエネルギー源であること
  • ・風力エネルギーは、気候変動対策に貢献できること
  • ・風力エネルギーは、経済成長と雇用創出に貢献できること

 

毎年615日に開催されるグローバルウンドデイは、世界100か国以上が参加し、1,000以上のイベントが催されています。

 

日本のグローバルウンドデイ

日本では、2008年より日本風力発電協会(JWPA)を中心として開催されています。自治体や風力発電事業者等、グローバルウンドデイの主旨に賛同する団体であれば開催ができ、事前に申請をすると、補助金やグッズの提供など、JWPAからの支援を受けることができます。

 

グローバルウンドデイin能代2024のみどころ

ロゴ 出典:グローバルウィンドデイin能代

出典:グローバルウインドデイin能代

 

グローバルウンドデイin能代2024では、どのような催しが楽しめるのでしょうか。編集部が注目する見どころを紹介します。

 

グローバルウンドデイin能代2024の見どころ9つ

・ 洋上風力発電所を守る作業船「レッドスター」の船内見学
洋上風力発電のメンテナンスに欠かせない作業船。能代港で実際に使われている、「レッドスター」の船内見学ができます。2023年にも実施された船内見学は大好評でした。

定員が80名と人数制限があるイベントとなりますので、ご興味のある方はお早めに受付をされることをお勧めします。

作業船レッドスターを見学!

作業船レッドスターを見学!
出典:グローバルウンドデイin能代

 

・ 風車の中に入れる?風車タワー見学
通常は一般公開されていない風車タワーの中を見学できるコンテンツです。

風車タワーの中に入る様子 出典:グローバルウィンドデイin能代

風車タワーの中に入る様子
出典:グローバルウインドデイin能代

 

・ 電車模型が走る!?発電体験
グローバルウンドデイin能代では、毎年発電を体験するイベントが企画されています。2024年は、自家発電で電車模型を走らせる体験ができるとのこと。

自分で作った電気で電車模型を走らせる 出典:グローバルウインドデイin能代

自分で作った電気で電車模型を走らせる
出典:グローバルウインドデイin能代

 

・ 子どもたちが楽しむ、風車タワーお絵描きコンテスト
毎年恒例の風車タワーお絵描きコンテスト。毎年違ったテーマが決められています。今年のテーマは、ふね。子どもたちの自由な発想の絵が楽しみな企画です。

風車タワーにお絵描きをしている様子 出典:能代市より提供

風車タワーにお絵描きをしている様子
出典:能代市より提供

 

・ スタンプラリーで能代市の風力発電を発見
スタンプラリーをコンプリートして、能代の街や風力発電を知ることができます。

能代市の風車 出典:グローバルウィンドデイin能代

能代市の風車
出典:グローバルウインドデイin能代

 

・ 能代市と風車について学ぼう!クイズイベント
能代市や風力発電に関するマメ知識がわかる○×クイズイベント。2024年の景品は、能代の花火大会マス席。お祭り好きの能代人には、垂涎ものです。

2023年のクイズイベントも盛況 出典:能代市より提供

2023年のクイズイベントも盛況
出典:能代市より提供

 

・ ご当地戦隊、バンド演奏、ダンス
ステージを彩るバンド演奏やダンスチームによる演目も楽しみの一つです。

ダンスの様子 出典:グローバルウィンドデイin能代

出典:グローバルウインドデイin能代

 

・ マスコットキャラクター「のんぷう」
「のんぷう」は、グローバルウンドデイin能代のマスコットキャラクター。子どもたちにも人気ののんぷうは、じゃんけん大会等、当日のイベントを盛り上げてくれます。
じゃんけんに勝ち抜くと、ブランド牛をはじめとした豪華景品がもらえます。

のんぷう 出典:グローバルウィンドデイin能代

出典:グローバルウインドデイin能代

 

・ 能代市の逸品・グルメを楽しむ
会場では、グルメや能代市の産品の屋台も。2023年には、バスケにちなんだ「バスケどら焼き」が売られていました。2024年も、能代逸品会による特産品が並ぶ予定です。

地元の特産品ブース 出典:グローバルウィンドデイin能代

地元の特産品ブース
出典:グローバルウインドデイin能代

 

※写真は過去開催したイベントの風景です。2024年開催のイメージとは異なる場合があります。

 

グローバルウンドデイin能代2024には誰が関わっている?

グローバルウンドデイin能代2024では、多くの人に環境問題や再生可能エネルギーについて理解してもらいたい、能代市の風力発電事業に親しみや関心を持ってほしいというおもいに賛同した事業者、団体が多く参加しています。

[主催]グローバルウインドデイin能代 実行委員会

  • 風の松原自然エネルギー株式会社
  • 東北電力株式会社
  • 能代パワー発電株式会社
  • 日立パワーソリューションズ株式会社
  • 秋田洋上風力発電株式会社
  • 能代市

[共催]日本風力発電協会(JWPA)

[後援]秋田県山本吏域振興局、能代商工会議所、北羽新報社、秋田魁新報社

 

能代市のグローバルウンドデイ

グローバルウィンドデイin2023企画「超小型EV車の試乗体験」 出典:グローバルウィンドデイin能代

グローバルウンドデイin2022企画「超小型EV車の試乗体験」
出典:グローバルウインドデイin能代

 

グローバルウンドデイin能代は、2014年の初開催から数えて、今年が※第10回目。
参加者も年々増え、第9回(2023年)では、能代市の子どもたちやファミリー層を中心に、約700名が参加しました。
※新型コロナウィルスのため2020年は開催中止

イベントのコンテンツは、実行委員会が毎年工夫を凝らして企画をしています。
過去開催では、自家発電でかき氷をつくったり、超小型EV車の試乗体験や風車の風体験など、ユニークな企画を行ってきました。

2023年に参加をした方々からは、こんな声も聞こえてきました。

・ 能代市らしいイベント(風を活かしたもの)だと思いました
・ 毎年たのしみにして来ています!
・ 今年は初めて風車に絵を描いて、楽しかったです!!
・ 能代港=風力発電が根強くなるように頑張ってほしい
・ 風車タワーの内部が見れて、子どももよろこんでいました

 

「グローバルウンドデイin能代2024」に行ってみよう

集合写真 出典:能代市より提供

出典:能代市より提供

 

グローバルウンドデイin能代2024は、再生可能エネルギーや風力発電、環境問題について学びながら楽しめるイベントです。
洋上風力発電が事業化されている能代市ならではのコンテンツも見どころです。
ぜひ、足を運んでみてくださいね。

 

グローバルウンドデイin能代2024 開催概要

日時 :  令和6年6月16日(日) 午前9:30~午後3:00
場所 :  能代港大森緑地公園(秋田県能代市大森山)
      

      ※雨天時:能代山本広域交流センター(秋田県能代市海詠坂3-2)
      
主催 : グローバルウンドデイin能代実行委員会
共催 : 一般社団法人日本風力発電協会(JWPA)

新着記事

もっと見る

ページトップへもどる